Three Out Change!

Travel and Life log

Category: 2006.5プーリア州&ローマ (page 4 of 5)

La Terra Hotel (オストゥーニ)

Hotel La Terra

オストゥーニのホテルは、「La Terra Hotel」。
旧市街の入口付近にあるので、雨の中でも比較的すぐに探し出せました。
このホテルは、愛読している「PUGLIAよりわがまま情報 2」の、プーリアに在住されているMAKIさんに連絡をして、あつかましくも予約をお願いしました。
突然のお願いに快く対応していただき、いろいろアドバイスをいただいてとても感謝しています!MAKIさん、ありがとうございます~
さてこのホテル、私が今まで泊まった海外のホテルの中でも、一、二を争うくらいのお気に入りホテルになりました!!
なんたって、ステキなんです!全体的に!!!
規模はさほど大きくないホテルなのですが、センスのよさが館内中にちりばめられていて、どこを見てもくすぐられます。写真は、一番気に入ってしまった3階のテラス。
オストゥーニの白い街が見渡せます。

Continue reading

雨のオストゥーニ

Ostuni

イタリア国鉄の南下の旅は、ものすごく天気がよくて快晴!
車窓からの景色もよくってかなり堪能。天気がいいっていいねえ~~!
なんていっていたら。
目的地、南イタリアの「長靴のかかと部分」にあるオストゥーニの隣駅までは、確実に晴れていました。
が、オストゥーニ駅に電車が近づくにつれて、くらーい雲が立ち込めてきました。急に。
なぜ?なぜ、オストゥーニだけ、暗い雲なん???
ES★のような特急列車が止まるのが不思議なくらい小さいオストゥーニ駅についたら、今までの快晴がうそのようなどんより曇り空。思わずモノクロ写真にしてしまいました。
いくら雨女だからって、目的地「だけ」くらい雲が立ち込めるのって、どうよ?

Continue reading

テルミニ駅からイタリア国鉄♪

Staz.Termini

ローマのテルミニ駅は朝早くから人でにぎわっております。
今日はここから、南イタリアへ南下します。

Staz.Termini

時刻表の掲示板が、電光掲示板ではなくて、パラパラパラ・・・と回転してめくれるタイプのアナログチックな掲示板だったのがうれしい。
私たちの乗る電車は、一番下の「レッチェ行き ES★(イーエス・スターまたはエウロスター)」です。

Continue reading

早朝のローマ

Morning - Rome -

時差の関係か、ものすごく朝早くに起きた2日目。
日本じゃありえない「早朝さんぽ」をしてみました。

S.Maria Maggiore

宿(というかテルミニ駅)の近くにある「サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂」まで歩いてみた。ほんますぐ近くなんだけどね。
昨日までは、夕方についたのもあり、飛行機で疲れていたのもあり、都会になれていない私たちはローマの人ごみにいきなりびっくりし、なんとなくゴミゴミした印象しか持っていませんでした。ローマに対して。
でも、早朝のこの教会を見て、やっと「ローマにきたんだな~」という実感がじわじわわいてきました。それくらい、装飾とかが夢に見ていた「ローマっぽい」もので感動。
朝日を浴びて輝く姿は、本当にステキです。

Morning - Rome -

日も照りだして、街もそろそろ動き出しました。
さて、そろそろ移動しようかな。
今日は、南イタリアまで鉄道で一気に南下です!
OLYMPUS E-300 & ZD14-54mm

ホテルオルランダ Hotel Orlanda (ROME)

Rome

ローマについて最初に泊まった宿が「ホテル・オルランダ(Hotel Orlanda)」。
地球の歩き方にのっていたので・・・サイトを見て、メールで予約しました。
スムーズな対応でわりと安心。
ローマの心臓・テルミニ駅から本当にすぐ近くにあります。
が、ものすごく場所はわかりにくいかも・・・。
いろんなミニホテルが雑居しているビルの3階。ビルに入るには、インターホンで名前を告げないといけないシステムです。
外観はそんな感じでものすごくゲストハウスっぽい印象ですが、中に入ってみると部屋はものすごくきれい!!わりと新しいし、セキュリティもしっかりしているし、セキュリティーボックスまでありました。ちゃんとしたホテルです。
ローマのホテルは本当に値段が高くて探すの苦労したけど、ここはわりとホテルにしては安めで、キレイで、オススメかも。
といいつつ、ホテルの写真とるの忘れました。
ホテルの近くの街角風景、ということで。

Older posts Newer posts

© 2017 Three Out Change!

Theme by Anders NorenUp ↑