Three Out Change!

Travel and Life log

Category: 四国 (page 3 of 14)

直島にいってきた!


8月の頭に、2泊3日で香川県へ行ってきました。
1泊目はSTARDUSTREVUEの野外ライブに行っていたため、高松に宿泊。ひさびさの生きた讃岐うどんに舌鼓。

2日目は、前からすごく楽しみだった、直島へ家族で出かけました!
私以外はみんな、初直島。いつかこの島を見せたかった。

朝イチでまずは地中美術館へ。


地中美術館、初めてだったけど、なかなかよかった!
朝一でいったおかげであまり並ばず見ることができて、思いのほかゆっくり過ごせました。
一番見たかった、モネの睡蓮、いいね。絵よりもその、睡蓮が飾られている空間がすばらしい。
ごめん、わたし絵がよくわからなくて(笑)

地中美術館までの道には、モネの庭があります。ちょっとした小径。


モネが描いた睡蓮も、ちょうど花が咲いて見頃でした。


昼は本村地区のカフェでランチ。お座敷でまったり、カレーとピザなど。


快晴であまりにあつかったので、本村地区の町並みを散策、なんてできず、結局家プロジェクトは全く見ていません。
何しに直島にきたんだか。
町並み散策などは、次回にとっておきます。

そのかわり、海でのんびりしていました。そのエントリーは続きにて。

北条の海


GWに松山に帰省してきたときに、家の家族を無理矢理つきあわせて、北条の海でバーベキューしました。
やはり、北条の海はきれいです。
近くにこんなきれいな海があるって、いいなあ。


まだ5月なので、足をつけるくらいしかできなかったけど。
夏になったら、子供たちをがんがん泳がせたいな。

伯方島の桜


宮島の桜をみた一週間後、しまなみ海道の伯方島へお花見へ。
こちらはちょうど満開の見頃まっただ中!!
天気もよくて、絶好の花見日和でした。


伯方島の開山公園というところはソメイヨシノや菜の花など、この時期の花がいっぱい。
昔から花の名所ではあったんだけど、「知ってる人は知っている」名所だったんだよね。
ただ、ここ数年でなぜかブレイクしたらしく(?)、観光バスまで押し寄せる一大花見スポットとなっていました!
高校のとき地元民だったので、人の少ない開山しかしらなかったから、かなり変な感じ・・・


この日は、松山の友達家族と一緒にのんびりお花見。
お互い年の近い娘たちつれていたので、子供たちは仲良く遊べてかなり満足だったのでは・・・!
親も大助かりです(笑)

いいお花見でした。

男木島その3(瀬戸内国際芸術祭)

男木島
ようやく、島で一番高い場所?の神社に到着。
神社の境内には、かわいらしい椅子が並べられてました。これまたアート。
神社ではちょうど、地元の夏祭り?で人がいっぱい。にぎやかでした~
露地の坂を上っているときも、おはやしの音が聞こえてきたりで、なかなか風情がありました。
男木島
さあ、後は一気に下る!でも下りながら写真撮ったり、まだ見てないアート見たり。
男木島
島のおじいちゃん、おばあちゃんが荷物運ぶのに大活躍するのが「オンバ」という荷押し車。
これがまた、アートで大変身!
こんなかわいらしいオンバになったり…
男木島
めっちゃいかついオンバに変身したりと、なかなか面白い。
オンバファクトリーにて。
男木島
こんな、海が開けて見える家にすみたい。
男木島
こちらもアート。団扇の骨組みがディスプレイされまくっている団扇の家(←という名称じゃなかったけど)
だいぶ降りてきたよ!港は目の前!
男木島
港に到着~!
港のすぐそばにある、案内所。島の雰囲気とはまた違って、かなりモダンな建物。
今回、かなりかけ足に男木島を散歩したけど、大充実!な散歩でした。
アートを見るというきっかけで、島の雰囲気を堪能できたのがよかった~
あー、また行きたいなあ。

男木島その2(瀬戸内国際芸術祭)

男木島
狭い坂道を迷路のように登っていくと、あちこちにアートに出合います。
海の景色とマッチしているアートが好き。
男木島
今回の島散歩、本当は子供二人とも実家に預けて一人で行く予定だったけど…
上のお嬢はいとこと遊んでくれたので置いて行けたけど、下の姫は置いて行けませんでした…
というわけで、炎天下の島散歩に連れまわされた下の姫。
たまに休憩するとご機嫌。
男木島
今回の旅の友と記念撮影★
すごく久しぶりに、女友達との旅行気分で、楽しかった―!
男木島
民家の窓。
男木島
これ、なーんだ?
男木島
こーんな感じののぞき窓。これもアート。
とにかく、どんどん島の上に上ると、見える景色も広がってきて、絶景!
ずんずん、登っていきます。
…で、まだ続く。

Older posts Newer posts

© 2020 Three Out Change!

Theme by Anders NorenUp ↑