Three Out Change!

Travel and Life log

Tag: ヴェネツィア

ヴェネツィアからラヴェンナまでの鉄道旅

今回、ラヴェンナへはヴェネツィアからフェラーラ経由でイタリア国鉄使っていきました。

イタリア国鉄のサイトであらかじめチケットを予約。便利な時代です。
Eチケットをプリントして乗車。
特急列車だけでなく、普通列車の切符もプリントしたものがそのままチケットになるので、普通列車では必要と噂されていた「打刻」も必要なし、だとおもう。多分。

写真は、ヴェネツィアのサンタルチア駅へ向かう途中。
この駅、運河のすぐ横にあります。素敵。

 

ヴェネツィアのサンタルチア駅。
今回、子供達が頑張ってスーツケース運んでくれたので大助かり。

 

乗車したのは、いわゆる普通列車。
だけど予想以上にいい座席〜。人も少なくて快適!
後日別の路線で特急にも乗ったけど、正直快適さ加減はあまり変わらなかった。
列車の中ではひたすらトランプやUNOをしてました。

途中乗り継ぎ駅のフェラーラで、乗り継ぐ予定の列車が先に行ってしまい1時間以上待ちぼうけくらったけど、それもまた思い出。

 

そしてラヴェンナの駅の周り。
旧市街のあたりと違って、駅の周りは緑も多く、若い人も割と歩いている印象。
全体的にこじんまりとした街だけど、不思議と親近感が湧く。

 

旧市街へ行く途中で見つけたブランコに捕まってしまった…
子供はやはりこういう遊びが好きなんだよねえ。

これにてラヴェンナ旅行編終了!
旅行行ってから10ヶ月経って、ようやくかけました。
あー、ラヴェンナ大好きだあ〜またいきたい!!!

ヴェネツィアのゴンドラ

P1020852

ヴェネツィアといえば、一番楽しみだったのは御多分に洩れず、ゴンドラ。
午後からゴンドラに挑戦してみました。

 

IMG_8022

私たちのゴンドラの船頭さん。
とってもフレンドリーで、いろいろ案内してもらいました★

 

IMG_3420

子供たちも、ゴンドラに乗った水路のたびに興味津々。

 

P1020875

狭い橋の下も、身をかがめてひょいとくぐり抜ける。
なかなかスリリング。

 

P1020891

途中、船頭さんがお店でビールを奢ってくれました!!
ちょうど飲めたら最高なのになあ、と思っていたので超嬉しい!!

 

P1020897

ゴンドラ乗りながら、真昼間からビール。
至福の時間です。

 

P1020910

ゴンドラは、水路を抜けて海へ。
視界が開けてこれまたいい感じ。

 

P1020918

海は波が高いので、漕ぐのにかなり力がいるんだろうなあ〜

 

IMG_3468

有名観光スポットのため息橋をゴンドラでくぐって、ゴンドラの旅が終了。
想像以上に大満足!!!

※ゴンドラは運河や水路にそこらじゅうに乗り降りスポットがあります。
適当な場所で、船頭さんに声をかけて、1隻貸切。
時間によって値段が違ってきます。私たちは45分コースにしました。
ため息橋の北側から乗船〜その辺の細い水路をぐるぐる回って、サンマルコ広場に面した海辺を回り、ため息橋をくぐって到着、という感じ。

サンマルコ広場〜ヴェネツィア

IMG_3232

早朝、ヴェネツィア空港到着。
空港からは連絡バスでローマ広場へ。
ローマ広場からヴァポレット(水上バス)に乗って運河を渡り、リアルト橋まで。
リアルト橋からヴェネツィアの迷路のような街を歩いて、到着したのがサンマルコ広場。

広場の中でひときわ高い、この鐘楼にのぼってみます。

 

P1020733

ヴェネツィア市街一望〜

 

IMG_3236

サンマルコ広場もまだ朝なので人も少なめ。

 

IMG_3250

天気はスッキリしなかったけど、オレンジ色の街並みを一望できて満足。

 

P1020833

サンマルコ大聖堂は、事前に入場時間を予約していきました。
並ぶのが嫌だったので…。
おかげで時間になったら並ばずスムーズにはいれたけど、肝心の中で下の姫がトイレに行きたくなり。
聖堂の中にトイレはなかったので、せっかく入れたのに早々に退散。
あまりじっくり見れなかった…(聖堂の中は撮影禁止)

P1020757

トイレを借りに、広場のカフェへ。
必然的にここでお茶休憩。

値段がなかなか…高い…。

 

IMG_3284

お茶の後、広場でわんさかいる鳩に餌やる観光客をみて、子供達もチャレンジ!
飛行機でもらったポップコーンをあけて手に乗せて待っていると、鳩たちが次々に手に乗ってくる!
最初怖がっていたけど、すぐに慣れた子供達。
こどもたちにはきっと、街並みや聖堂よりは鳩の餌やりの方が楽しかったんだろうなあ…。

© 2017 Three Out Change!

Theme by Anders NorenUp ↑