Three Out Change!

Travel and Life log

Category: OLYMPUS E-P1 (page 17 of 18)

竹富島の夕焼け

竹富島を自転車で
竹富島についたのは3時過ぎだったけど、それから宿に直行して、夕ご飯までひたすら宿でのんびりしていました。
だって、暑い。暑すぎる。ものすごく天気がいいけど、外に出る気がしない。
夕ご飯を食べてもまだ夕暮れ前だったので、ようやく重い腰を上げて、自転車で海のほうへ!
真夏の八重山は、散策するには夕方に限ります…。
涼しくなるし、日が傾いて空の青さが尋常でない。
コンドイ浜
自転車こいでやってきたのは、コンドイ浜。
コンドイ浜
竹富島はいつも日帰りでしかきたことないから、はじめてみる夕暮れの海辺に感動!
コンドイ浜
お嬢は夕暮れなんかより、ひたすら海で遊ぶのに夢中。
水着じゃないのにびしょぬれです。着替えも持ってきてなかったのに…
コンドイ浜
地元の方も多くやってきてて、犬連れの方も多かった!
気持ち良さそうに海で水浴びのワンちゃん。こわがるお嬢。
コンドイ浜
最後にこの夕焼けが見れてよかった。
竹富島は日帰りばかりだったけど、今回泊ってみて、やっぱり島を知るには泊るに限る!って思いました。
観光客が去った後の、静かな竹富島を体験できてよかったー。
って、宿泊観光客もそれなりに多いんだけどね。

竹富島 宿屋「竹の子」

宿屋「竹の子」
八重山旅行の最後の宿泊地はたいてい、石垣島なのですが…
今回はとうとう、石垣島に宿をとることすらやめて、最後に竹富島によりました。
西表島(上原)→石垣島→竹富島という経路で、船に揺られて竹富島へ。
バラス島のシュノーケルの後だったので、この日はこれでもか!ってくらい、船に乗りました…
で、今回の竹富島の宿は、「宿屋 竹の子」という宿です。
名前の通り、竹富島の超有名そば屋さん「竹の子」さんが経営する宿泊施設で、今年(2009年)の春に開業したばかりの、すっごくきれいな宿!
赤瓦の沖縄風建築の建物がいい感じです。
宿屋「竹の子」
部屋の中はこんな感じ。和室です。
部屋の中にちゃんと、トイレとバスルーム(浴槽付き)があります。これは子連れにとってはポイント高い。
どうでもいいけど、トイレは最新式のシャワートイレでした。
快適すぎます。
宿屋「竹の子」
庭も広いです。ひろびろ~
各部屋に縁側がついてて、軒下には洗濯物を干せる物干しも完備。
洗濯機は無料で自由に使えるし、コイン式乾燥機もあります。便利~
洗濯が自由にできるのは、大助かり。
宿屋「竹の子」
食事も、夕ご飯はなかなか量の多い、旅館の晩御飯という感じ。おいしかったです。
朝ごはんも和食。子供にも配慮してくれて、大助かります。
レンタル自転車は、宿にお願いすれば届けてくれます。
きれいな自転車で、しかも子供用座席(前のせタイプ)までつけてくれたので、助かりました~
竹富島はやはり、自転車で回るのが楽しいです。
何とも快適な宿でした!
1泊じゃもったいなかったな~

バラス島でシュノーケリング

バラス島
西表島のすぐ近くにある、バラス島というサンゴだけでできた無人島へ行くシュノーケルツアーに参加しました。
今回は、宿泊した宿のティンヌカーラさんが主催するツアーで、ほぼ宿泊者貸切。
この日は私たちだけの貸切でした。ラッキー。
気を遣わなくていいので楽です。
バラス島までの船の中では、ポツポツ雨が落ちるというあいにくの天気…
せっかくのシュノーケルなのに…とおもっていたら、バラス島についたらなんとか晴れてくれました!
バラス島
さすがに人気のバラス島、いろんなところからツアーが押し寄せているので、すごい人…
最初はtatuと私と一人ずつ交代でシュノーケル。
ちょっと泳いだだけでカラフルなサンゴの海!そしてカラフルな魚たち!!
思った以上にサンゴや魚を堪能できました~
これはお嬢にもぜひ見せたい!!見てほしい!!ってことで、嫌がるお嬢を何とか浮き輪に乗せて、家族3人で再び海へ。
お嬢には、ツアーのガイドさんが貸してくれた、子供用のバケツのような海の中をのぞける小物(?)をかりたので、それを通して、ちょこっと海の様子を見せることができました。
最初は足がつかない海をすごくこわがっていたお嬢も、魚が見えるのがわかったらこわい気持ちも吹っ飛んだみたいで。「おさかなさん~」と大喜びでした。
よかった!
バラス島
海の中。tatuが見たときはニモ(カクレクマノミ)が見えたようです。いいなあ!!
半日だけの短いツアーだったけど、海を堪能~でした。
ちなみに、帰りの船ではまたどしゃ降り。
西表島の天気はかなり不安定で、狭い地域での突発的なスコールのような雨に、結構旅行中もやられました…。

西表島でシーカヤック

シーカヤック中
西表島のメインイベントは、「シーカヤック」です~~!
あらかじめリサーチして、妊婦&幼児連れでもOKのツアーを探しました。
「パドルラティーク順風」さんというところが、家族貸切だったら妊婦&幼児連れでもOKだったので、さっそく予約。午後からの半日貸切ツアーです!
あいにくの曇り空でしたが…でもまあ、カンカンでりだったらきっとtatuがしんでいたから、曇り空でよかったのでしょう。
最初は、すぐそこ内離島の浜辺まで行く予定でしたが、シーカヤック初めてのtatuが予想以上に早くこげるので、「船浮集落までいっちゃう?」ってことになり、途中で目的地変更~
この写真の向こうに見えるのが、船浮集落。
道路が通じていないので、船でしかいくことのできない集落です。
シーカヤック中
ちなみに、シーカヤックは、tatuが一人でシングル艇にのってがんばり、わたしとお嬢は、ガイドさんの二人乗り艇の前に座って、漕がずにのんびり~
お嬢は初めてのカヤックでもこわがることなく、行きはほとんど寝ていました。
船浮集落
船浮集落に到着~。出発地から船浮集落までは3~4kmの道のりでした。おつかれさま!
さっそく、集落散策です。
てか、お嬢様、すごいかっこしてるんですけど。
船浮小中学校
船浮小中学校です。
道路の通じていない、船でしか渡れない陸の孤島の集落にも、すっごいきちんとした学校があります。
校庭広いなー
船浮集落
集落自体はさすがに歩いてすぐ一周できるくらいの、小さなのどかな集落でした。
それでも観光客が結構増えているらしく、港のほうには飲食店もちらほら。
やはり「陸の孤島」の集落って、なんだかひかれてしまう気持ちはわかる。
私も行ってみたかったもん。
船浮の浜辺にて
集落散策が終わったら、浜辺で一休み。
紅茶で休憩
ガイドさんの用意してくれた紅茶とサンダーアンダギーで一服。
この紅茶、めちゃくちゃおいしかった~
アウトドアに精通しているガイドさんだったので、用具もツボ。
私たちは午後からの半日ツアーだったのでなかったけど、一日ツアーとかだと、ガイドさん手作りのアウトドア料理が食べられるようで、たべてみたかった~~~!
絶好調
休憩を終えて、海辺でサンゴを拾ったり遊んだりしているうちに、お嬢は絶好調に!
帰りのカヤックの中でも、手を伸ばして海面に触ったりと大はしゃぎで、おちないように抱えるのが大変でした…
シーカヤック
西表島に来たら絶対やってみたかったのが、カヤックやカヌー。
妊婦なのであきらめていたけど、漕げはしなかったけど体験できて、大満足!!!
ガイドさんの奥さんがそもそもカヤック好きで、やはり妊娠中にもカヤック乗りたかった…ということでツアーも受け入れてくださっていますが、本当に大感謝です。
まあ、妊婦なんだからカヤックはやめとけよ、別に今やんなくてもいいじゃん、というのが一般的な意見でしょうが…
すごく安全には気を配っていたツアーだったので、個人的に大満足です。
今回は海だったので、今度はマングローブの川をカヤックしてみたいです♪

西表島「パーラー美々」

パーラー美々
この外観だけじゃ、なかなか入ろうと思わないお店「パーラー美々」。
が、正直、私の中では西表島で一押しの飲食店!!!
ソバなどの軽食と、農家直産のフルーツパーラーです。
ソーキソバ
まずは、お昼時だったのでソーキソバを注文。
このソーキソバが…私が今まで食べたソーキソバの中で断トツ一番!!!
本当に、骨まで軟らかく食べられます。感動です。
完熟マンゴー!
そして、ここの目玉はマンゴーですよ。西表島産マンゴー♪
マンゴージュースもお店で飲めます。(あまりにおいしくて写真撮るの忘れた)
マンゴーをそのままこれでもかってくらいミキサーにかけただけの、ほんまに純粋「生」マンゴージュースにはびっくり。こんなぜいたくなマンゴージュース、飲んだことないです。
で、お土産にマンゴーを2つ、大きいのを買って帰りました。自宅用に…
このマンゴーも、石垣島で見たどのマンゴーよりもでかくて完熟なのに、値段が安い安い!
ゆうぱっくで発送もできるけど、せっかく安く買えたのに送料かかったらもったいないので、気合いで手荷物で持って帰りました。
なんとか、つぶれずに持って帰りました。
帰って食べたら…もうほんま絶品です~~~!!
パーラー美々、ほんまに一押しです。
お店の奥さんもすごくいい人でした♪

Older posts Newer posts

© 2021 Three Out Change!

Theme by Anders NorenUp ↑