Three Out Change!

Travel and Life log

Category: コドモ (page 16 of 45)

ジブリ美術館

ジブリ美術館
5月のある日、ジブリ美術館へいってきました。
2回目ですが、一回目に行った時よりジブリ映画をかなり見てきたせいか、お嬢の反応は上々♪
でも相変わらず巨大ぬいぐるみ系は苦手のようで、せっかくのポニョの大きな置物とか、ネコバスの子供専用プレイルームとかは、怖がって近寄らなかった…もったいない。
ジブリ、ほんまに大好き人間になりました。
2歳にしてすでに、「ポニョ」「トトロ」はもちろん、「魔女の宅急便」「ラピュタ」「千と千尋の神隠し」、マイナーな所で「パンダコパンダ」とかも、どれも喜んでみます。
龍の絵を見ては「ハクだ~」って喜び、モップを股に挟んで「キキちゃん」といってあそんでいます。
ジブリはいいね。夢があって。

一匙の写真展

T-shirts Arts
東京・調布のniwa-coyaさんで行われた写真展「一匙の写真展」にいってきました。
民家を改良した温かいカフェの雰囲気と、手作り感&創作意欲あふれる、独創的な作品の数々のイメージがぴったり!!!
久々に、いごごちのいい空間でのんびりできました。
この、ミニTシャツプリント、めちゃ気に入りました。わたしもつくってみたい~
HOLGAと
入口にて、巨大HOLGA君と。
店内には子供用のおもちゃもあったので、お嬢は大喜びでした♪
★写真展は2009年6月7日までですよ~機会があればぜひ!

八景島シーパラダイス

八景島シーパラダイス
ちょっと前の話ですが、横浜にある八景島シーパラダイスに行ってきました。
松山から所用で上京してきた私の妹もいっしょ。
保育士の妹は子供の扱いが上手なので、お嬢が大喜びでした。
八景島シーパラダイス
tatuと二人でコーヒーカップならぬ、たる??カップ??に乗るお嬢。
結構はしゃいで喜んでいた。
わりと、遊園地の乗り物系はすきみたいです。
お嬢と二人で乗っていた時のtatuも、なかなかうれしそうだったのが印象的(笑)
八景島、なかなかおもしろかったですよ。子連れで行くにはいいね。

ワイキキの夕焼け

Sunset in Hawaii
ワイキキビーチの夕焼け。
ハワイ滞在中、ワイキキビーチに行ったのは、最終日くらいで・・・(汗)
ほんま、ワイキキビーチと無縁なハワイ生活でした(とまったのはワイキキなんですけどね)
Sunset in Hawaii
なかなかきれいな夕焼けでした。
Sunset in Hawaii
この子はいつから「ピース」を覚えたのでしょうか・・・(汗)
不思議と、2歳になるとできるんです、ピースって。
ワイキキビーチ、決して海がきれいなわけじゃないけど、やはり人が集まるビーチ、趣ありますね。
ハワイ旅行記、いろいろ書きたいことあったような気がするけど、いい写真もあまりないのでこれまで!(笑)

ダイアモンドヘッドに登ってきた!

Diamond Head
気がつけ間もう2月ですね・・・ハワイに行ったのがもうかなり昔のことのようです・・・
忘れかけているハワイ旅行記の続きです。
ダイヤモンドヘッドに登って来ました。
ダイヤモンドヘッドは、ワイキキからよく見える、あの山です。
結構断崖絶壁に見えるんですけど・・・
私たち、まともに歩くことできない1歳児連れなんですけど・・・
山頂まで徒歩で30分くらいかかるんですけど・・・
行くまではかなり文句たれてて、やる気のない私でしたが。
お嬢を交代で抱っこしながら、なんとかふんばって登ってきました。
結構子連れでも登頂している人もいて、ファミリー向けの登山かも。
登山、というにはおおげさだけど、でもやっぱり最後のほうは長い急な階段や坂道がキツク(汗)
ほんまに大変でしたー。
で、暑い中ゆっくり汗だくになりながら登った結果。
Diamond Head
絶景~~~~~~~~~!!!!!!!
この瞬間、きつかったこともふっとびました。
めっちゃきれい!めっちゃすてき!!!!
Diamond Head
休日だったので頂上の見晴台も、これでもか!ってくらい人ごみで混雑していたけど、根性であちこちで写真を撮り、針穴をし、ゆっくりすずんでかえりました。
ほんとうに、登った甲斐のある、絶景。
ここは、おすすめです。
帰り道、ベビーカーを持って登山しようとした日本人ファミリーにすれ違ったので、「ベビーカーは絶対無理だからおいておいたほうが・・・」と老婆心ながらアドバイス。
最初の上り口はゆるやかだからベビーカーでもいけるけど、頂上付近はぜったい!!むり!!
子連れで登るなら、抱っこ必須です。
がんばれ、とうちゃん、かあちゃん。

Older posts Newer posts

© 2017 Three Out Change!

Theme by Anders NorenUp ↑