Three Out Change!

Travel and Life log

Author: Michiyo (page 125 of 158)

笑顔

at Cafe

今回の旅行のひそかな目的は「カメラ目線の人物をなるべく撮る」ということ。
この人はクシャダスのオープンカフェのお兄ちゃん。
「うちんとこのカフェで飲んでいかん?」
「いまきたばかりやけん、あとでくるね〜」
と軽く挨拶して、散歩し終わったあと再び休憩しに訪れたら
「おぼえとってくれたんや〜ありがとう!」ってにっこり笑顔。
あまりにもいい笑顔だったので写真撮らせてもらいました。
(※会話は私の中の標準語でお届けしています)

baby

おなじくクシャダスにて。
赤ちゃんがかわいいのはもう説明不要。こちらもつられてにっこり。
OLYMPUS E-300 & ZD14-54mm

エーゲ海は青かった

The Aegean Sea

トルコは2回目ですが、青い昼のエーゲ海を見たことがない!!
ということで、トルコの南西地域にある「クシャダス」という海沿いの町まででかけてきました。
ここは欧米人の方々が集まるビーチリゾート地、らしいです。
ビーチリゾートには行かなかったのですが、小さな島までいってみたら確かに海はきれい。絶品。
いちゃつくカップルも絵になります(笑)

The Aegean Sea

海で泳いでいる人もいれば、のーんびり釣りをしている人も。
なんだか、こちらのひとびとは「休む」のが上手だと思う。
OLYMPUS E-300 & ZD14-54mm

セルチュクの朝食

Breakfast

セルチュクという街(エフェス遺跡のすぐ近く)で泊まった宿は「ヴァルダル・ペンション(Vardar Pension)」。
ここでいちばん気に入ったのはなんたって朝食!
パンとジャム、バター、チーズ、卵、野菜という、トルコの基本的な朝食スタイルのシンプルなメニューだけど、パンがむっちゃくちゃおいしかった。この旅いちばん!!
いつもは朝からそんなに食べないけど、ここではパン(トルコでは「エキメッキ」といいます)をむちゃくちゃ食べておかわりまでしてしまいました。

grand mother

ヴァルダルペンションのおばあちゃん。
いつもペンションの軒先に座ってニコニコしています。とってもかわいい方です。
上:OLYMPUS E-300 & ZD14-54mm 下:RICOH GR1

パムッカレ・テルマル(遺跡プール)

Pamukkale
パムッカレのいちばんの目的は、実は石灰棚ではなく、この遺跡プール!
ギリシア・ローマ時代の遺跡になぜか温泉がわいてしまったという珍しい温泉プール。
ここで泳ぎたかったのです!
炭酸交じりの温泉で、おゆにつかるとプチプチします。サイダーの中にいるみたい。
そして、地面はまさにギリシア遺跡。柱や石畳などがごろごろしています。
すっごい贅沢な温泉プール。
Efes Beer
温泉の後は・・・ビールでしょう!
トルコに行ったらEfesビール。
トルコはイスラム教徒が多いにもかかわらず、ビールがおおっぴらにのめるので幸せ〜♪

Cat

ビールのみながらドネルケバブサンドをたべていたら、机の下にいつの間にか猫が。
なんてかわいいんだ・・・。べっぴんさん。
そんな目で見つめられると弱い。
OLYMPUS E-300 & ZD14-54mm

パムッカレの子どもたち

Pamukkale
パムッカレでは子どもたちが遠足かなんかで集団で水遊びをしていました。

Pamukkale

私たちが、水着or軽装の欧米人たちの中でかなり浮いていたのか、「ジャポン、ジャポン」とやたらと声かけられました。
写真はかなりうれしげに写ってくれるのでこちらもうれしい。

Pamukkale

妙にアジア系の顔の子を見てちょっとほっとしました。
一生懸命トルコ語ではなしかけてきましたが、ぜんぜんわかんなくてごめん。
Pamukkale
しかし、トルコの子どもはかなり声をかけてくれる率、高いです。
(私も含めた)日本人とはおおちがい〜。旅行者としてはうれしいもんです。
OLYMPUS E-300 & ZD14-54mm

Older posts Newer posts

© 2017 Three Out Change!

Theme by Anders NorenUp ↑